交通系ICカード、自分のカードでどの電車・バスに乗れるのか一覧表で説明します

最終更新日 2019年8月30日

ふだん使っている交通系ICカードが旅先でも使えるかどうか、気になったことはありませんか?
自分が持っているSuica(スイカ)などの交通系ICカードが旅行先でも使えるかどうか、現在の状況を一覧にしました。観光や出張などで、日本各地に出かけるときに、お役立てください。

ICいーカードリーダー

日本各地を旅行していると、電車やバスに乗るときに独自の交通系ICカードが使えるケースをよく見かけるようになってきました。さらに、全国共通の交通系ICカードを利用できるところも増えてきました。

私は東京在住で、いつもはSuica(スイカ)を使っています。旅行先で乗る電車やバスでいつものSuicaが使えれば便利ですが、交通系ICカードが使える電車やバスでも、Suicaが使える場合と使えない場合があります。

Suicaが使えれば、事前に小銭や千円札を用意する必要はありません。特にバスでは、高額の紙幣の両替には対応していない場合がほとんどです。距離によっては、千円札を2、3枚用意しなければならないこともあります。しかし、Suicaが使えれば、金額についてもあまり気にしなくてすみますので、発車寸前のバスに飛び乗っても大丈夫です。

もちろん、Suicaだけではなく、Pasmo(パスモ)や東海地区のTOICA(トイカ)、関西地区のICOCA(イコカ)などをお持ちの場合も同様でしょう。

旅行前に調べておけば大丈夫ですが、なかなかそこまで考えて旅行することはありません。結局、現地で電車やバスに乗るときに、はたと考えることになります。

「このバス、Suica、使えたっけ?」

この記事では、全国の交通系ICカードが使える電車やバスを一覧し、それぞれどのカードが利用できるかについて紹介します。目的は、自分が持っている交通系ICカードが旅行先でも使えるかどうかです。

一覧を確認する前に、まず自分がふだん利用している交通系ICカードが、「全国相互利用サービス」の対象カードであるかどうか確認してください。

「全国相互利用サービス」対象カード

交通系ICカードの事業者が連携し、どのカードを持っていても、それぞれの地域で利用できるようにしたサービスが「全国相互利用サービス」です。対象となるカードは10種類あります。

自分の持っている交通系ICカードを、他の地域で利用するためにはこの10種類のどれかである必要があります。

このリストにないカードの場合は、他の地域ではほぼ使えないとお考えください。
逆に、このリストにあるカードであれば、この10種類のカードの対象地域で相互に利用できます。そのうえ、対象地域以外でも利用できるところが増えてきています。詳しいことは、この記事に掲載した一覧表をご覧ください。

「全国相互利用サービス」対象カードは、次の10種類です。

  • Kitaca(北海道旅客鉄道株式会社)
  • PASMO(株式会社パスモ)
  • Suica(東日本旅客鉄道株式会社)
  • manaca(マナカ)(株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー)
  • TOICA(東海旅客鉄道株式会社)
  • PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI)
  • ICOCA(西日本旅客鉄道株式会社)
  • はやかけん(福岡市交通局)
  • nimoca(株式会社ニモカ)
  • SUGOCA(九州旅客鉄道株式会社)

交通系ICカード一覧

これらのカードのどれかを持っていれば、他の地域でそのまま利用できる可能性があります。

交通系ICカードの相互利用状況

各地域で、手持ちの交通系ICカードが利用できるかについては、次のように分類できます。

  1. 多くの交通系ICカードが使える(「全国相互利用サービス」対象カード)
  2. 独自の交通系ICカードを導入しているが、「全国相互利用サービス」対象カードも使える
  3. 独自の交通系ICカードを導入していて、他のカードはほぼ使えない
  4. 独自の交通系ICカードを導入していて、他のカードはまったく使えない

旅行者にとって便利なのは、1と2のタイプです。3、4のタイプは不便です。交通系ICカードを導入していても、その地域しか利用できなくては、そのためだけに買って利用するわけにもいきません。今後使えないカードを購入するのは、一部のカード収集家だけでしょう。

PASPYの使い方

交通系ICカード対応状況一覧

日本各地を北海道、東北など10の地方に分けています。
それぞれの地区で、どのような事業者がなんという名前の交通系ICカードを導入していて、その交通機関では他の地区のカードが利用できるかどうかについて一覧で説明します。全国で64項目あります。

表に記載した内容は2019年8月27日時点のものです。交通系ICカードの導入と相互利用は、これからも進んでいくでしょう。ご利用の際は、それぞれのリンクから最新の情報を確認することをおすすめします。

「分類」は、上で記載した「交通系ICカードの相互利用状況」での説明内容に対応しています。

北海道

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
1 旭川市周辺 Doカード
(ドゥカード)
同じ旭川の「Asaca CARD(アサカカード)」のみ バス 3
道北バス
2 旭川市周辺 Asaca CARD
(アサカカード)
同じ旭川の「Doカード(ドゥカード)」のみ バス 3
旭川電気軌道
3 北見市周辺 ICバスカード なし バス 4
北海道北見バス
4 札幌地区 SAPICA
(サピカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「SAPICA(サピカ)」は他の地域では利用できない
路面電車(札幌市電)・地下鉄・バス 2
札幌市交通局ジェイ・アール北海道バスじょうてつ北海道中央バス
5 札幌地区 Kitaca
(キタカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR北海道
6 函館市周辺 ICAS nimoca
(イカすニモカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車(函館市電)・バス 1
函館市電函館バス

東北

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
7 仙台エリア Suica
(スイカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR東日本仙台空港アクセス線
8 仙台市周辺 icsca
(イクスカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「icsca(イクスカ)」は他の地域では利用できない
地下鉄・バス 2
仙台市交通局(地下鉄、市営バス、るーぷる仙台)楽天シャトルバス宮城交通・ミヤコーバス仙台SuicaエリアのJR線仙台空港アクセス線
9 気仙沼線BRT
大船渡線BRT
odeca
(オデカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「odeca(オデカ)」は他の地域では利用できない
BRT 2
JR東日本(気仙沼線・大船渡線BRT(バス高速輸送システム))
※2019年6月1日より、岩手県盛岡市の中心市街地循環バス「でんでんむし」で、「odeca(オデカ)」が使用できるようになりました。「全国相互利用サービス」対象カードも利用可能です。ただし、実証実験として2021年3月までの期間限定となります。
10 福島県 NORUCA
(ノルカ)
なし 鉄道(飯坂電車)・バス 4
福島交通

関東

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
11 茨城県 いばっピ なし バス 4
茨城交通
※茨城交通と日立電鉄交通サービスは2019年5月1日に合併しましたが、当分の間、「いばっピ」は旧・日立電鉄交通サービスの路線では使えません。
12 日立市周辺 でんてつハイカード なし バス 4
茨城交通
※茨城交通と日立電鉄交通サービスは2019年5月1日に合併しましたが、当分の間、「でんてつハイカード」は旧・茨城交通の路線では使えません。
13 首都圏エリア Suica
(スイカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道・バス 1
JR東日本埼玉新都市交通
14 首都圏 PASMO
(パスモ)
「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車・鉄道・地下鉄・バス 1
多すぎて書けません。というか、書いても読めません。お手数ですが、PASMO(パスモ)のリンクからお調べください。
15 羽田空港アクセス モノレールSuica 「全国相互利用サービス」対象カード モノレール 1
東京モノレール
16 東京湾岸 りんかいSuica 「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道(りんかい線) 1
東京臨海高速鉄道(りんかい線)

甲信

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
17 山梨県 PASMO
(パスモ)
「全国相互利用サービス」対象カード バス 1
山梨交通
18 富士五湖周辺 Suica
(スイカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道(富士急行)・バス 1
富士急行
19 長野市
須坂市
飯綱町
高山村
KURURU
(くるる)
なし バス 4
アルピコ交通長電バス長野市営バスすざか市民バス、ふれあい号(高山村)、高井中山乗合タクシー(高山村)

北陸

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
20 新潟エリア Suica
(スイカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR東日本
21 新潟市周辺 りゅーと 「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「りゅーと」は他の地域では利用できない
バス 2
新潟交通
22 富山市周辺 passca
(パスカ)
同じ富山の「ecomyca
(えこまいか)」のみ
路面電車(富山ライトレール)・バス 3
富山ライトレール
23 富山市周辺 ecomyca
(えこまいか)
同じ富山の「passca(パスカ)」のみ 路面電車(富山地方鉄道軌道線)・鉄道(富山地方鉄道)・バス 3
富山地方鉄道まいどはやバス
24 富山・石川・福井地区 ICOCA
(イコカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR西日本あいの風とやま鉄道IRいしかわ鉄道
※2018年9月15日より福井県内の全線で使用可能になりました。
※ICOCAの使用可能エリアは、「近畿圏エリア」「石川・富山エリア」「岡山・広島・山陰・香川エリア」に分かれていましたが、2018年9月15日に各エリアがつながり、JR西日本(一部、JR四国)の使用可能エリアであれば、どの駅からどの駅まででも使えるようになりました(ただし、原則として200キロ以内の範囲という制限があります)。また、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道を含む利用では、大聖寺駅より東側となります。
25 金沢市周辺 ICa
(アイカ)
なし バス 4
北陸鉄道、加賀白山バス、北鉄金沢バス、金沢ふらっとバス(此花・菊川・材木ルート)
26 金沢周辺・小浜 PiTaPa
(ピタパ)
「全国相互利用サービス」対象カード バス 1
西日本JRバス
27 福井市周辺 ICOUSA
(イコウサ)
なし コミュニティバス「すまいる」 4
まちづくり福井
※「日本一ダメな交通系ICカード」として話題になっているそうです。

東海

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
28 伊豆 Suica
(スイカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道(伊豆急行) 1
伊豆急行
29 東海地区 TOICA
(トイカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR東海愛知環状鉄道
※2019年3月2日から愛知環状鉄道全線で利用できるようになりました。
30 静岡県東部 PASMO
(パスモ)
「全国相互利用サービス」対象カード バス 1
富士急行バス
31 静岡市周辺 LuLuCa
(ルルカ)
カード
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「LuLuCa(ルルカ)カード」は他の地域では利用できない
鉄道(静鉄電車)・バス 2
静岡鉄道(静鉄電車しずてつジャストライン
32 静岡県西部 ナイスパス なし 鉄道(遠鉄電車)・バス 4
遠州鉄道
33 愛知・岐阜地区 manaca
(マナカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車(豊橋鉄道市内線)・鉄道・バス 1
名古屋市交通局名古屋鉄道名鉄バスあおなみ線ゆとりーとライン豊橋鉄道リニモ
34 岐阜県 ayuca
(アユカ)
なし バス 4
岐阜バス
35 愛知・三重地区 PiTaPa
(ピタパ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
近畿日本鉄道
36 三重県 emica
(エミカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「emica(エミカ)」は他の地域では利用できない
バス 2
三重交通、三交伊勢志摩交通、三重急行自動車、八風バス

近畿

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
37 近畿圏 ICOCA
(イコカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR西日本
※2018年9月15日よりJR山陽本線の相生駅(兵庫県)と和気駅(岡山県)間、JR赤穂線の播州赤穂駅(兵庫県)と長船駅(岡山県)間で使用可能になりました。
※ICOCAの使用可能エリアは、「近畿圏エリア」「石川・富山エリア」「岡山・広島・山陰・香川エリア」に分かれていましたが、2018年9月15日に各エリアがつながり、JR西日本(一部、JR四国)の使用可能エリアであれば、どの駅からどの駅まででも使えるようになりました(ただし、原則として200キロ以内の範囲という制限があります)。
※2020年春から和歌山県内の次の範囲で使用可能になるとのことです。
和歌山線:和歌山駅~五条駅間の各駅(これにより和歌山線全駅で使用可能になります)
紀勢本線:海南駅~紀伊田辺駅間の各駅(すでに利用可能な駅も含む)
※2021年春から「北近畿エリア」で使用可能になるとのことです(注:2020年ではなく2021年)。具体的には、次の駅です。

福知山線:丹波大山~福知山駅間の各駅
山陰線:船岡~胡麻駅間の各駅、綾部駅、和田山駅、八鹿駅、江原駅、豊岡駅、城崎温泉駅
舞鶴線:西舞鶴駅、東舞鶴駅
播但線:生野駅、竹田駅
38 関西地区 PiTaPa
(ピタパ)
「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車(阪堺電車)・鉄道・地下鉄・バス 1
多すぎて書けません。というか、書いても読めません。お手数ですが、PiTaPa(ピタパ)のリンクからお調べください。
39 滋賀県 近江鉄道バスICカード なし バス 4
近江鉄道バス
40 京都市 らんでんカード 「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「らんでんカード」は他の地域では利用できない
路面電車(嵐電) 2
嵐電
41 奈良県 CI-CA
(シーカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「CI-CA(シーカ)」は他の地域では利用できない
バス 2
奈良交通、エヌシーバス
42 大阪府南部 なっち 「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「なっち」は他の地域では利用できない
バス 2
南海バス、南海ウイングバス金岡、南海ウイングバス南部
43 大阪府北部
兵庫県東部
hanica
(ハニカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「hanica(ハニカ)」は他の地域では利用できない
バス 2
阪急バス阪神バス
44 兵庫県伊丹市 itappy
(イタッピー)
同じ関西圏の「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」のみ バス 3
伊丹市営バス
45 兵庫県 NicoPa
(ニコパ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「NicoPa(ニコパ)」は他の地域では利用できない
バス 2
神姫バス、神姫ゾーンバス、ウエスト神姫、神姫グリーンバス、山陽バス(明石線のみ)
※山陽バスでは「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」以外の「全国相互利用サービス」対象カードは利用できません。

中国

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
46 岡山・広島・山陰地区 ICOCA
(イコカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR西日本
※2019年3月16日よりJR境線(鳥取県)の全線(米子駅と境港駅間)で使用可能になりました。
※2018年9月15日よりJR山陽本線の相生駅(兵庫県)と和気駅(岡山県)間、JR赤穂線の播州赤穂駅(兵庫県)と長船駅(岡山県)間で使用可能になりました。
※ICOCAの使用可能エリアは、「近畿圏エリア」「石川・富山エリア」「岡山・広島・山陰・香川エリア」に分かれていましたが、2018年9月15日に各エリアがつながり、JR西日本(一部、JR四国)の使用可能エリアであれば、どの駅からどの駅まででも使えるようになりました(ただし、原則として200キロ以内の範囲という制限があります)。
47 岡山県 Hareca
(ハレカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「Hareca(ハレカ)」は他の地域では利用できない
路面電車(岡山電気軌道)・バス 2
両備バス下津井電鉄(バス)宇野バス東備バス中鉄バス(国道53号線方面路線)岡山電気軌道(路面電車・バス)
※宇野バスでは、「全国相互利用サービス」対象カードは利用できません。
48 広島県 PASPY
(パスピー)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「PASPY(パスピー)」は他の地域では利用できない
※2018年3月17日から、「全国相互利用サービス」対象の交通系ICカードが利用できるようになりました。
路面電車(広島電鉄)・バス・船 2
広島電鉄(電車・バス)広島バス広島交通芸陽バス備北交通中国ジェイアールバス鞆鉄道中国バス広島高速交通(アストラムライン)エイチ・ディー西広島(ボンバス)広交観光井笠バスカンパニーフォーブル(旧第一タクシー)石見交通宮島松大汽船JR西日本宮島フェリー広島観光開発瀬戸内海汽船、瀬戸内産交、さんようバス、なべタクシー富士交通野呂山タクシー朝日交通東和交通呉交タクシー、倉橋交通、いわくにバス君田交通

四国

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
49 香川地区 ICOCA
(イコカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR四国
※ICOCAの使用可能エリアは、「近畿圏エリア」「石川・富山エリア」「岡山・広島・山陰・香川エリア」に分かれていましたが、2018年9月15日に各エリアがつながり、JR西日本(一部、JR四国)の使用可能エリアであれば、どの駅からどの駅まででも使えるようになりました(ただし、原則として200キロ以内の範囲という制限があります)。
※2020年3月ごろから次の7駅で利用可能になるとのことです。
予讃線:詫間駅、観音寺駅
土讃線:善通寺駅、琴平駅
高徳線:栗林公園北口駅、栗林駅、屋島駅
50 高松市周辺 IruCa
(イルカ)
「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「IruCa(イルカ)」は他の地域では利用できない
※2019年3月2日から、「全国相互利用サービス」対象の交通系ICカードが利用できるようになりました。
鉄道(ことでん)・バス 2
ことでん
51 愛媛県中部 ICい~カード なし 路面電車(伊予鉄道市内電車)・鉄道(伊予鉄)・バス 4
伊予鉄
52 高知県 ですか なし 路面電車(とさでん交通)・バス 4
とさでん交通、県交北部交通、高知東部交通高知西南交通高知高陵交通高知駅前観光四万十交通ジェイアール四国バスの大栃線、土佐市ドラゴンバス(土佐市観光)、いの町営バス(伊野循環線)

九州

地域 ICカード名 相互利用 対象 分類
  事業者・交通機関
53 福岡・佐賀・大分・熊本エリア
長崎エリア
宮崎エリア
鹿児島エリア
SUGOCA
(スゴカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道 1
JR九州
54 福岡・佐賀・宮崎地区 nimoca
(ニモカ)
「全国相互利用サービス」対象カード 鉄道・バス 1
西鉄(電車・バス)筑豊電鉄昭和バスJR九州バス佐賀市営バス祐徳バス宮崎交通
※2019年3月1日から祐徳バスで利用できるようになりました。
55 北九州市周辺 ICバスカード
(ひまわりバスカード)
なし バス 4
北九州市営バス
56 北九州市 mono
SUGOCA
(モノスゴカ)
「全国相互利用サービス」対象カード モノレール 1
北九州モノレール
57 福岡市周辺 はやかけん 「全国相互利用サービス」対象カード 地下鉄 1
福岡市地下鉄
58 大分県中部 めじろん
nimoca
(ニモカ)
「全国相互利用サービス」対象カード バス 1
大分バス大分交通亀の井バス大分空港アクセスバス
59 長崎県 長崎スマートカード なし
ただし、2020年にnimoca(ニモカ)に切替予定
路面電車(長崎電気軌道)・鉄道・バス 4
長崎電気軌道島原鉄道(バス)松浦鉄道長崎県営バス、長崎県央バス、長崎自動車(長崎バス)さいかい交通、させぼバス、西肥自動車
※2019年3月23日で佐世保市営バスは運行を終了し、路線をさせぼバス(西肥自動車より委託)に移管しました。
※長崎自動車(長崎バス)・さいかい交通は、2019年9月16日に長崎スマートカードから新地域ICカード「エヌタスTカード」に切り替わります。それにともない、長崎スマートカードの利用は2019年12月27日で終了します。nimoca(ニモカ)などの「全国相互利用サービス」対象カードについては、利用できるように準備中(利用開始日は未定)とのことです。
※その他の各社(島原鉄道を除く)は、2020年春ごろ、長崎スマートカードからnimoca(ニモカ)に切替予定です。
※島原鉄道は、2020年夏ごろ、長崎スマートカードの利用を終了する予定です。
60 熊本県 くまモンのIC CARD 「全国相互利用サービス」対象カードが利用可能
「くまモンのIC CARD」は他の地域では利用できない
路面電車(熊本市電)・鉄道・バス 2
熊本市電産交バスグループ熊本電気鉄道(バス・電車)熊本バス熊本都市バス
61 熊本市周辺 でんでん
nimoca
「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車(熊本市電) 1
熊本市電
62 鹿児島県 ラピカ
(
Rapica)
同じ鹿児島の「いわさきICカード」のみ 路面電車(鹿児島市電)・バス・船 3
鹿児島市交通局南国交通JR九州バス桜島フェリー
※2018年9月25日より桜島フェリーでは「PiTaPa(ピタパ)」以外の「全国相互利用サービス」対象カードが利用できます。
63 鹿児島県 いわさきICカード 同じ鹿児島の「ラピカ(Rapica)」のみ バス・船 3
鹿児島交通、種子島・屋久島交通、垂水フェリーフェリーはいびすかす種子屋久高速船
64 沖縄本島 OKICA
(オキカ)
なし モノレール・バス 4
ゆいレール那覇バス琉球バス交通沖縄バス東陽バス
※ゆいレールは、2020年春に全国相互利用サービス対応の交通系ICカード(Suicaなど)対応予定とのことです。もう少し、待ちましょう。

富山ライトレールICカードPASSCA

おわりに

まとめてみると、多くの地域で交通系ICカードを導入していることがわかります。
「全国相互利用サービス」対象カードが利用できる地域も多いですが、県単位でまったく対応していないところも少なくありません。

旅行者にはまだまだ不便です。独自のカードを導入することは大事だと思いますが、同時に相互利用できるようにしていただきたいと思います。

この記事の内容は2019年8月27日時点のものです。交通系ICカードの導入と相互利用は、これからも進んでいくでしょう。ご利用の際は、最新の情報を確認してください。

交通系ICカードについては、この記事以外に

がありますので、あわせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[このサイト・ブログ内の関連記事]

関連記事(一部広告を含む)