交通系ICカード「全国相互利用サービス」で乗れる電車・バスをすべて紹介します

目次

最終更新日 2019年8月30日

ふだん使っているSuica(スイカ)などの交通系ICカードは、旅先でもけっこう役に立ちます。
交通系ICカードの相互利用が進み、いつものカードで全国各地の電車やバスに乗れるようになってきました。
これを交通系ICカードの「全国相互利用サービス」といいます。

とはいっても、まだ、全国どこでも大丈夫というわけにはいきません。この記事では、交通系ICカードの「全国相互利用サービス」の対象カード(全10種類)で、それぞれどのような電車・バスに乗れるかについて、日本中すべて掲載します。

「全国相互利用サービス」対象カードに限らず、全国すべての交通系ICカードについては、「交通系ICカード、自分のカードでどの電車・バスに乗れるのか一覧表で説明します」で説明しています。

どこかに出かけるときに、自分の持っている交通系ICカードが使えるかどうか気になったら、この記事と上のリンクの記事の2つで行き先の状況を調べてください。きっと、迷わずにすむと思います。

ICカード専用改札機

交通系ICカードの「全国相互利用サービス」

現在、日本各地で交通系ICカードが使える公共交通機関がどんどん増えています。それとともに、交通系ICカードの種類も増えました。
交通系ICカードが登場してしばらくは、それぞれのカードを発行した会社の電車・バスか、せいぜいその会社のある地域でしか利用できませんでした。

しかし、これでは不便です。それで、次の10種類の事業者が提携し、お互いのカードで、お互いの地域を利用できるようにしました。交通系ICカードの「全国相互利用サービス」の誕生です、

「全国相互利用サービス」対象カードは、次の10種類です。

  • Kitaca(北海道旅客鉄道株式会社)
  • PASMO(株式会社パスモ)
  • Suica(東日本旅客鉄道株式会社)
  • manaca(マナカ)(株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー)
  • TOICA(東海旅客鉄道株式会社)
  • PiTaPa(株式会社スルッとKANSAI)
  • ICOCA(西日本旅客鉄道株式会社)
  • はやかけん(福岡市交通局)
  • nimoca(株式会社ニモカ)
  • SUGOCA(九州旅客鉄道株式会社)

これから、順にこれらのカードで乗れる電車・バスを紹介します。この10種類のカードのどれかを持っていれば、これから紹介する電車・バスに、そのカードで乗れます。

事業者ごとの都道府県別に紹介しています。自分の旅先をすぐに見つけられると思います。1つの都道府県を複数のカードがカバーしている場合は、それぞれ別の項目になっています。お手数ですが、お探しください。
交通系ICカード、自分のカードでどの電車・バスに乗れるのか一覧表で説明します」では、都道府県で分類していますので、あわせてお読みください。

記載した内容は、2019.1.29時点のものです。交通系ICカードの導入と相互利用は、これからも進んでいくでしょう。ご利用の際は、最新の情報を確認してください。

Kitaca(キタカ)

JR北海道の交通系ICカードです。おもに、札幌地区のJR線で利用できます。

北海道

電車

札幌地区
  • JR函館本線(小樽~岩見沢)
  • JR千歳線(札幌~新千歳空港・苫小牧)
  • JR札沼線(札幌~北海道医療大学)

Suica(スイカ)

JR東日本の交通系ICカードです。「首都圏エリア」「仙台エリア」「新潟エリア」の3つのエリアで利用できます。

首都圏エリア

電車

東京都
  • JR線全線
  • 東京モノレール(モノレールSuica)
  • りんかい線(東京臨海高速鉄道)(りんかいSuica)
神奈川県
  • JR線全線(御殿場線を除く)
千葉県
  • JR線全線(久留里線、鹿島線を除く)
    ※2020年春に鹿島線で利用可能
埼玉県
  • JR線全線
  • 埼玉新都市交通
茨城県
  • JR線全線(鹿島線を除く、水郡線は上菅谷、常陸大宮、日立大子、常陸太田のみ)
    ※2020年春に鹿島線で利用可能
群馬県
  • JR線全線(上越線は水上まで、吾妻線は中之条、長野原草津口、万座・鹿沢口のみ)
栃木県
  • JR線全線(東北本線は黒磯まで、烏山線を除く)
山梨県
  • JR中央本線
  • JR小海線(清里のみ)
  • 富士急行
長野県
  • JR中央本線(松本まで、辰野支線を除く)
  • JR小海線(野辺山のみ)
静岡県
  • JR東海道線(熱海のみ)
  • JR伊東線
  • 伊豆急行
福島県
  • JR常磐線(いわきまで)

仙台エリア

電車

宮城県
  • JR東北本線(小牛田まで)
  • 陸羽東線(小牛田~古川、鳴子温泉)
  • JR常磐線
  • JR仙石線
  • JR仙山線(仙台~愛子、作並)
  • 仙台空港鉄道
福島県
  • JR東北本線(矢吹まで)
  • JR常磐線(原ノ町まで)
  • JR磐越西線(郡山富田、磐梯熱海、猪苗代、会津若松、喜多方のみ)
  • JR磐越東線(郡山~船引)
山形県
  • JR仙山線(山形、山寺のみ)
岩手県
  • JR東北本線(一ノ関、平泉のみ)

新潟エリア

電車

新潟県
  • JR信越本線(新潟~宮内、柏崎、直江津)
  • JR上越線(小千谷のみ)
  • JR越後線(新潟~吉田)
  • JR弥彦線
  • JR羽越本線(新津~新発田、中条、坂町、村上)
  • JR白新線

PASMO(パスモ)

首都圏の民営の鉄道会社、バス会社の交通系ICカードです。首都圏全体で幅広く利用できます。

首都圏

電車

東京都
中心部
  • 東京都交通局(浅草線、三田線、新宿線、大江戸線、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー)
  • 東京メトロ(銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線)
  • ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)
23区北西部
  • 西武鉄道(池袋線、西武有楽町線、豊島線、山口線、新宿線、西武園線、国分寺線、拝島線、多摩湖線、多摩川線)
  • 東武鉄道(東上線)
23区西部
  • 小田急電鉄(小田原線、多摩線)
  • 京王電鉄(京王線、高尾線、相模原線、競馬場線、動物園線、井の頭線)
  • 東京急行電鉄(東横線、目黒線、田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線)
23区東部
  • 京成電鉄(京成本線、京成金町線、京成押上線)
  • 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス線)
  • 東武鉄道(伊勢崎線、亀戸線、大師線)
  • 北総鉄道(北総線)
23区南部
  • 京浜急行電鉄(本線、空港線)
多摩地域
  • 多摩都市モノレール(多摩モノレール線)
    神奈川県
  • 伊豆箱根鉄道(大雄山線)
  • 江ノ島電鉄(江ノ島電鉄線)
  • 小田急電鉄(小田原線、江ノ島線、多摩線)
  • 京浜急行電鉄(本線、大師線、逗子線、久里浜線)
  • 相模鉄道(相鉄本線、いずみ野線)
  • 湘南モノレール(江ノ島線)
  • 東京急行電鉄(東横線、田園都市線、こどもの国線)
  • 箱根登山鉄道(箱根登山線)
  • 横浜高速鉄道(みなとみらい線)
  • 横浜市交通局(グリーンライン、ブルーライン)
  • 横浜シーサイドライン(金沢シーサイドライン)
千葉県
  • 京成電鉄(京成本線、京成千葉線、京成千原線、京成成田空港線、京成東成田線)
  • 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス線)
  • 新京成電鉄(新京成線)
  • 千葉都市モノレール(千葉都市モノレール1号線、千葉都市モノレール2号線)
  • 東京メトロ(東西線)
  • 東京都交通局(新宿線)
  • 東葉高速鉄道(東葉高速線)
  • 北総鉄道(北総線)
  • 舞浜リゾートライン(ディズニーリゾートライン)
埼玉県
  • 埼玉高速鉄道(埼玉高速鉄道線)
  • 西武鉄道(池袋線、西武秩父線、狭山線、山口線、新宿線)
  • 東京メトロ(日比谷線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線)
  • 東武鉄道(伊勢崎線、野田線、東上線、越生線)
茨城県
  • 関東鉄道(常総線、竜ヶ崎線)
  • 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス線)
群馬
  • 東武鉄道(佐野線)
栃木
  • 東武鉄道(佐野線、日光線、宇都宮線、鬼怒川線)

バス

東京都
全域
  • 東京空港交通(エアポートリムジン)
  • 東京都交通局(都バス)
  • 日立自動車交通(晴海ライナー、次のコミュニティバスを含む。足立区「はるかぜ」、葛飾区「レインボーかつしか」、台東区「めぐりん」、文京区「B-ぐる」、北区「Kバス」、中央区「江戸バス」、千代田区「風ぐるま」)
23区北西部
  • 国際興業バス
  • 西武バス
23区西部
  • 小田急バス
  • 京王バス
  • 関東バス
  • 国際興業バス
  • 東急バス
23区北東部
  • 京成バス
  • 東武バス
23区南部
  • 京浜急行バス
  • 東急バス
多摩地域
  • 小田急バス
  • 神奈川中央交通
  • 関東バス
  • 京王バス
  • 国際興業バス
  • 西武バス
  • 立川バス
  • 西東京バス
神奈川県
横浜、川崎
  • 小田急バス
  • 神奈川中央交通
  • 川崎市交通局
  • 川崎鶴見臨港バス
  • 京浜急行バス
  • 相鉄バス
  • 東急バス
  • 東京空港交通(エアポートリムジン)
  • 横浜市交通局
  • 横浜交通開発
中央部
  • 江ノ電バス
  • 神奈川中央交通
  • 京浜急行バス
  • 相鉄バス
西部(小田原箱根)
  • 伊豆箱根バス
  • 箱根登山バス
千葉県
全域
  • 東京空港交通(エアポートリムジン)
千葉市周辺
  • あすか交通
  • 千葉海浜交通
  • ちばシティバス
  • 千葉中央バス
  • 千葉内陸バス
  • ちばフラワーバス
  • 平和交通
  • 西岬観光
北西部
  • 茨城急行自動車
  • 京成バス
  • 新京成バス
  • ちばレインボーバス
  • 東武バス
  • 阪東自動車
西部
  • 新京成バス
  • 東京ベイシティ交通
東部
  • 千葉交通
  • ちばグリーンバス
  • ちばフラワーバス
  • 成田空港交通
房総
  • 小湊鐵道
  • 日東交通
埼玉県
全域
  • 東京空港交通(エアポートリムジン)
東部
  • 朝日自動車
  • 茨城急行自動車
中部
  • 国際興業バス
北西部
  • 国際十王交通
南西部
  • 川越観光自動車
  • 国際興業バス
  • 西武バス
  • 東武バス
南部
  • 東武バス
秩父
  • 西武観光バス
栃木県
日光
  • 東武バス
茨城県
全域
  • 関東鉄道バス
山梨県
富士五湖
  • 富士急行バス
中央部
  • 山梨交通
静岡県
御殿場
  • 富士急行バス

TOICA(トイカ)

JR東海の交通系ICカードです。おもに、東海地区のJR線で利用できます。

東海地区

電車

愛知県
  • JR線全線(JR飯田線は豊川まで)
  • 愛知環状鉄道
    ※2019年3月2日に愛知環状鉄道全線で使えるようになりました。
静岡県
  • JR東海道本線
  • JR御殿場線(下曽我まで)
    ※2019年3月2日に「御殿場まで」から「下曽我まで」延長されました。
  • JR身延線(西富士宮まで)
岐阜県
  • JR東海道本線(荒尾、美濃赤坂を除く)
  • JR中央本線(中津川まで)
  • JR高山本線(美濃太田まで)
  • JR太多線
三重県
  • JR関西本線(亀山まで)
    ※2019年3月2日に「四日市まで」から「亀山まで」延長されました。
滋賀県
  • JR東海道本線(醒ヶ井まで)
    ※2019年3月2日に滋賀県内でも「醒ヶ井まで」使えるようになりました。

manaca(マナカ)

名古屋鉄道や名古屋市営地下鉄など、東海地区の民営の鉄道会社、バス会社の交通系ICカードです。東海地区全体で幅広く利用できます。

東海地区

電車

愛知県
  • 愛知高速交通(リニモ)
  • 豊橋鉄道(渥美線、市内線(路面電車))
  • 名古屋市営地下鉄(東山線、名城線、名港線、鶴舞線、桜通線、上飯田線)
  • 名古屋鉄道(名古屋本線、豊川線、西尾線、蒲郡線(三河鳥羽~蒲郡間を除く)、三河線、豊田線、常滑線、空港線、築港線、河和線、知多新線、瀬戸線、津島線、尾西線、犬山線、広見線、小牧線)
  • 名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)
岐阜県
  • 名古屋鉄道(名古屋本線、犬山線、各務原線、広見線(明智~御嵩間を除く)、竹鼻線、羽島線)

バス

愛知県
全域
  • 名鉄バス
名古屋市
  • 名古屋市営バス
  • 名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)

ICOCA(イコカ)

JR西日本の交通系ICカードです。
※以前は、「近畿圏エリア」「石川・富山エリア」「岡山・広島・山陰・香川エリア」に分かれていましたが、2018年9月15日に各エリアがつながり、JR西日本(一部、JR四国)の使用可能エリアであれば、どの駅からどの駅まででも使えるようになりました(ただし、原則として200キロ以内の範囲という制限があります)。
※2020年春から和歌山県内の次の範囲で使用可能になるとのことです。
和歌山線:和歌山駅~五条駅間の各駅(これにより和歌山線全駅で使用可能になります)
紀勢本線:海南駅~紀伊田辺駅間の各駅(すでに利用可能な駅も含む)
※2021年春から「北近畿エリア」で使用可能になるとのことです(注:2020年ではなく2021年)。具体的には、次の駅です。

福知山線:丹波大山~福知山駅間の各駅
山陰線:船岡~胡麻駅間の各駅、綾部駅、和田山駅、八鹿駅、江原駅、豊岡駅、城崎温泉駅
舞鶴線:西舞鶴駅、東舞鶴駅
播但線:生野駅、竹田駅

北陸・近畿・中国・四国

電車

富山県
  • JR城端線(高岡~新高岡)
  • あいの風とやま鉄道
石川県
  • JR北陸本線
  • IRいしかわ鉄道
福井県
  • JR北陸本線
    ※2018年9月15日より使用可能
滋賀県
  • JR東海道本線(米原まで)
  • JR草津線
  • JR北陸本線
  • JR湖西線
京都府
  • JR東海道本線
  • JR山陰本線(園部まで)
  • JR奈良線
大阪府
  • JR線全線
奈良県
  • JR関西本線(加茂まで)
  • JR奈良線
  • JR桜井線
  • JR片町線
  • JR和歌山線(五条まで)
和歌山県
  • JR阪和線
  • JR紀勢本線(海南まで、箕島、藤並、湯浅、御坊、南部、紀伊田辺、白浜、周参見、串本、古座、太地、紀伊勝浦、新宮)
兵庫県
  • JR東海道本線
  • JR山陽本線
    ※2018年9月15日より兵庫県の相生駅と岡山県の和気駅間で使用可能
  • JR赤穂線
    ※2018年9月15日より兵庫県の播州赤穂駅と岡山県の長船駅間で使用可能
  • JR福知山線(篠山口まで)
  • JR加古川線(西脇市まで)
  • JR播但線(寺前まで)
  • JR姫新線(播磨新宮まで)
岡山県
  • JR山陽本線
    ※2018年9月15日より兵庫県の相生駅と岡山県の和気駅間で使用可能
  • JR瀬戸大橋線
  • JR赤穂線
    ※2018年9月15日より兵庫県の播州赤穂駅と岡山県の長船駅間で使用可能
  • JR伯備線(備中高梁まで、新見)
  • JR吉備線
  • JR津山線(法界院まで)
広島県
  • JR山陽本線
  • JR呉線
  • JR芸備線(狩留家まで)
  • JR可部線
  • JR福塩線(神辺まで)
山口県
  • JR山陽本線(南岩国まで)
島根県
  • JR山陰本線(出雲市から東側)
鳥取県
  • JR山陰本線(伯耆大山から西側)
  • JR伯備線(根雨、生山のみ)
  • JR境線
    ※2019年3月16日よりJR境線全線で使用可能
香川県
  • JR瀬戸大橋線
  • JR予讃線(高松~多度津)
    ※2020年3月ごろから次の7駅で利用可能になるとのことです。
    予讃線:詫間駅、観音寺駅
    土讃線:善通寺駅、琴平駅
    高徳線:栗林公園北口駅、栗林駅、屋島駅

PiTaPa(ピタパ)

関西圏の民営の鉄道会社、バス会社の交通系ICカードです。関西圏全体で幅広く利用できます。

関西圏

電車

大阪府
  • 大阪高速鉄道(大阪モノレール)
  • 大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄、御堂筋線、谷町線、四つ橋線、中央線、千日前線、堺筋線、長堀鶴見緑地線、今里筋線、ニュートラム)
  • 北大阪急行電鉄
  • 近畿日本鉄道(難波線、奈良線、けいはんな線、大阪線、南大阪線、信貴線、道明寺線、長野線、西信貴ケーブル)
  • 京阪電気鉄道(京阪本線、中之島線、交野線)
  • 泉北高速鉄道
  • 南海電気鉄道(南海線、空港線、高野線、高師浜線)
  • 阪堺電気軌道(路面電車)
  • 阪急電鉄(神戸線、宝塚線、箕面線、千里線、京都線)
  • 阪神電気鉄道(阪神本線、阪神なんば線)
  • 水間鉄道
京都府
  • 叡山電鉄(叡山本線、鞍馬線)
  • 京阪電気鉄道(京阪本線、宇治線、京津線)
  • 京都市営地下鉄(烏丸線、東西線)
  • 京福電気鉄道(嵐電)
  • 近畿日本鉄道(京都線)
  • 阪急電鉄(京都線、嵐山線)
兵庫県
  • 大阪高速鉄道(大阪モノレール)
  • 神戸高速鉄道(神戸高速線)
  • 神戸市営地下鉄(西神山手線、海岸線)
  • 神戸新交通(ポートライナー、六甲ライナー)
  • 神戸電鉄(有馬線、三田線、公園都市線、粟生線)
  • 山陽電気鉄道
  • 能勢電鉄
  • 北神急行電鉄
  • 阪神電気鉄道(阪神本線、阪神なんば線、武庫川線)
  • 阪急電鉄(神戸線、甲陽線、今津線、宝塚線)
奈良県
  • 近畿日本鉄道(奈良線、京都線、けいはんな線、大阪線、南大阪線、吉野線、生駒線、天理線、田原本線、御所線)
三重県
  • 近畿日本鉄道(大阪線、名古屋線、湯の山線、鈴鹿線、山田線、鳥羽線、志摩線)
滋賀県
  • 京阪電気鉄道(京津線、石山坂本線)
和歌山県
  • 南海電気鉄道(南海線、高野線、多奈川線、加太線、和歌山港線、高野山ケーブル)
愛知県
  • 近畿日本鉄道(名古屋線)
岡山県
  • 岡山電気軌道(路面電車)
静岡県
  • 静岡鉄道

バス

大阪府
全域
  • 大阪空港交通(リムジンバス、関西空港~茨木線を除く)
大阪市
  • 大阪シティバス(旧大阪市営バス)
大阪・堺
  • 近鉄バス
  • 南海バス
  • 阪神バス
北部
  • 近鉄バス
  • 京阪バス
  • 高槻市営バス
  • 阪急バス
東部
  • 近鉄バス
南部
  • 南海バス
  • 水間鉄道バス
京都府
京都市
  • 大阪空港交通(リムジンバス)
  • 京都市営バス
  • 京都バス
  • 近鉄バス
  • 西日本JRバス
南部
  • 京阪バス
  • 奈良交通
  • 阪急バス
福知山
  • 西日本JRバス
兵庫県
南東部(神戸市を含む)
  • 尼崎交通事業振興
  • 伊丹市バス
  • 大阪空港交通(リムジンバス)
  • 神戸市バス
  • 神戸交通振興
  • 山陽バス
  • 神姫バス
  • 神鉄バス
  • 阪急バス
  • 阪神バス
南西部
  • 神姫バス
淡路島~大阪・神戸
  • 本四海峡バス(大磯号、かけはし号、くにうみライナー)
  • 神姫バス
奈良県
全域
  • 奈良交通
北西部
  • エヌシーバス
奈良・天理
  • 大阪空港交通(リムジンバス)
三重県
全域
  • 三重交通
伊勢
  • 三交伊勢志摩交通
松坂
  • 三重急行自動車
桑名
  • 八風バス
滋賀県
大津周辺
  • 京阪バス
  • 江若交通
高島
  • 西日本JRバス
和歌山県
南紀
  • 三重交通
新宮
  • 奈良交通
岡山県
南部
  • 岡電バス
  • 両備バス
  • 下津井電鉄
  • 中鉄バス(国道53号線のみ)
静岡県
中部
  • しずてつジャストライン
石川県
金沢
  • 西日本JRバス
福井県
小浜
  • 西日本JRバス

SUGOCA(スゴカ)

JR九州の交通系ICカードです。「福岡・佐賀・大分・熊本エリア」「長崎エリア」「宮崎エリア」「鹿児島エリア」の4つのエリアで利用できます。

福岡・佐賀・大分・熊本エリア

電車

福岡県
  • JR鹿児島本線
  • JR日豊本線
  • JR筑豊本線(若松~桂川)
  • JR篠栗線
  • JR香椎線
  • JR筑肥線
  • JR久大本線(善導寺まで)
  • 北九州モノレール(mono SUGOCA)
佐賀県
  • JR長崎本線(佐賀まで)
  • JR筑肥線(西唐津まで)
大分県
  • JR日豊本線(幸崎まで)
  • JR久大本線(向之原まで)
  • JR豊肥本線(中判田まで)
熊本県
  • JR鹿児島本線(八代まで)
  • JR豊肥本線(肥後大津まで)
山口県
  • JR山陽本線(下関のみ)

長崎エリア

電車

 長崎県
  • JR長崎本線(諫早まで)
  • JR大村線(竹松まで)

宮崎エリア

電車

 宮崎県
  • JR日豊本線(佐土原~田野)
  • JR宮崎空港線

鹿児島エリア

電車

 鹿児島県
  • JR鹿児島本線(川内まで)
  • JR日豊本線(国分まで)
  • JR指宿枕崎線(喜入まで)

はやかけん

福岡市交通局の交通系ICカードです。福岡市地下鉄で利用できます。

福岡エリア

電車

福岡県
  • 福岡市地下鉄(箱崎線、空港線、七隈線)

nimoca(ニモカ)

西日本鉄道など、九州の民営の鉄道会社、バス会社の交通系ICカードです。九州全体で幅広く利用できます。

福岡県

電車

北部
  • 筑豊電気鉄道
中部・南部
  • 西日本鉄道(天神大牟田線、貝塚線、大宰府線、甘木線)

バス

全域
  • 西鉄バス(次のコミュニティバスを含む。太宰府市「まほろば号」、那珂川町「かわせみ」、宗像ふれあいバス、大野城市「まどか号」、春日市「やよい」、小郡市)
福岡市
  • 昭和バス
北部
  • JR九州バス

大分県(めじろんnimoca(ニモカ)

バス

中部(大分市・別府市を含む)
  • 大分交通
  • 亀の井バス
南部(大分市を含む)
  • 大分バス
西部
  • 日田バス
  • 日田市コミュニティバス「ひたはしり号」

熊本県(でんでんnimoca

電車

熊本市
  • 熊本市電

佐賀県

バス

東部(佐賀市を含む)
  • 西鉄バス(次のコミュニティバスを含む。基山町、吉野ヶ里町)
  • 佐賀市営バス
北部・中部
  • 昭和バス
南西部
  • 祐徳バス

宮崎県

バス

全域
  • 宮崎交通

北海道(ICAS nimoca(イカすニモカ)

電車

函館市
  • 函館市電

バス

函館地区
  • 函館バス

ICカード一覧

おわりに

一覧の地域区分は、執筆者独自のものです。事業者によってカバーする範囲が異なりますので、重複している場合もあります。地域の区分が各地の実情にあっていない場合もあろうかと思います。ご容赦ください。

10種類のカードのどれかを持っていれば、ここに挙げた電車・バスのすべてにタッチだけで乗ることができます。

この記事の内容は2019.1.29時点のものです。交通系ICカードの導入と相互利用は、これからも進んでいくでしょう。ご利用の際は、最新の情報を確認してください。

交通系ICカードについては、この記事以外に

がありますので、あわせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[このサイト・ブログ内の関連記事]

関連記事(一部広告を含む)