Priority Pass(プライオリティ・パス)を持っていれば、空港のラウンジに入れます

Priority Pass(プライオリティ・パス)を持っていれば、エコノミークラス利用時でも空港ラウンジを利用できます。
Priority Passの入会方法や使い方について説明します。

ファーストクラスやビジネスクラスを利用していれば、空港にある航空会社ラウンジを利用できますが、エコノミークラスでは利用できません。
航空会社の上級会員であれば、エコノミークラス利用でも大丈夫ですが、上級会員には簡単にはなれません。また、上級会員であっても、会員であるアライアンス以外の航空会社を利用するときにはラウンジを利用できません。
ゴールドクラスのクレジットカードを持っていれば、カードラウンジを利用できますが、これはほぼ国内に限られます。

しかし、Priority Pass(プライオリティ・パス)を持っていれば、上級会員でもなく、ビジネスクラスなどの上級クラス利用でもない場合に、特に海外の空港ラウンジを利用することができます。

下の画像は、私の会員証です。少し古いものですが、デザインはあまり変わっていないでしょう。

Priority Pass

入会方法

いいことづくめのようなPriority Passですが、残念ながら安くはありません。
Priority Passのサイトで入会を受け付けています。3つの会員ランクがありますが、真ん中の「スタンダード・プラス」で年会費249米ドルです(2017.9.11時点)

また、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」「ダイナースクラブプレミアムカード」「三井住友プラチナカード」といったプラチナクラスのクレジットカードの特典として無料で入会できる場合があります。こちらも決して安くはありませんが、もしプラチナカードを利用してみたければ、損はないでしょう。

もっと安くという意味では、年会費11,000円(税込)の「楽天プレミアムカード」にも付帯しています。ただし、本会員のみの発行で、家族会員にはありません。注意してください。
年会費34,100円(税込)の「JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ」などもありますので、興味がある方は探してみてください。

使い方

ラウンジの入り口で、Priority Passのカードと搭乗券を見せれば、ラウンジに入れます。ラウンジはわかりにくい場所にあることが多いので、あらかじめ調べておくか、スマホなどですぐに調べられるようにしておいたほうが無難です。
利用できるラウンジの一覧は、Priority Passのサイトに掲載されています。

おわりに

Priority Passのサイトによると、「世界1,000か所以上のラウンジ」があるそうです。ラウンジの入り口に、利用できる航空会社の一覧とともに「Priority Pass」と掲示してあります。下の画像は、アメリカのシアトル空港にあるラウンジ「THE CLUB AT SEA」の入り口にある掲示です。

THE CLUB AT SEA入口

右側の一番上に「Priority Pass」と書いてあります。
海外で乗り継ぎの時間が長いときに重宝します。

さらに詳しくは、Priority Pass(プライオリティ・パス)のサイトをご覧ください。

世界に広がるラウンジ・ネットワーク|プライオリティ・パス

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事(一部広告を含む)