ポートランドの路面電車の1日乗車券(1-Day Pass)の買い方・使い方

MAXのワンデーパス 3-9.よもやま話
この記事は約4分で読めます。

アメリカ・ポートランド(Portland)の路面電車(MAX、ストリートカー)に乗ってきました。便利な1日乗車券がありますので、買い方、使い方を紹介します。

MAXとストリートカーの平面交差

ポートランドには、MAXとストリートカーの2種類の路面電車が走っています。路面電車の乗り方については、このブログの

で説明していますので、そちらをご覧ください。

1日乗車券(1-Day Pass)

ポートランドを観光で訪れた場合、路面電車などの1日乗車券が便利でお得です。
1日乗車券は、大人5米ドル、小人2.5米ドルです(2017.9.3現在)。MAXやストリートカー、バスなど、ポートランド地域のほとんどの公共交通機関に乗ることができます。
1回券は、ストリートカー以外、大人2.5米ドル、小人1.25米ドル(2017.9.3現在)ですので、1日に2回以上乗れば元が取れる計算になリます。ストリートカーだけに乗る場合でも、3回乗れば元が取れます。

1日乗車券の買い方は、次の3通りあります。

  • 自動券売機で買う
  • チケットオフィスで買う
  • チケットオフィスでhopカードを買い、それを使う

自動券売機で買う

MAXやストリートカーの停留所にある自動券売機で買うことができます。
下の画像はMAXの停留所にある自動券売機です。

MAXの停留所にある自動券売機

どこの停留所にもありますので、もっとも便利な方法です。
自動券売機で買ったチケットが、下の画像です。

MAXのワンデーパス

中心の「D-A」は1日(day)、大人(adult)を意味しています。購入した当日のみ有効です。
空港にあるMAXの停留所でも購入できます。着いた当日に2回以上乗る予定があれば、空港で買うとよいでしょう。

チケットオフィスで買う

ポートランドの中心部にあるパイオニア・スクエアにあるチケットオフィスの窓口で買うことができます。

パイオニア・スクエアにあるチケットオフィス

パイオニア・スクエアは、観光客が何度も通る場所です。わざわざ行かなくても、何かのついでに寄って買うことができます。自動券売機と異なり、購入日と別の日に利用することもできます。
窓口で買ったチケットが、下の画像です。

チケットオフィスで買ったワンデーパス

ここで注意が必要です。窓口で買ったチケットを実際に利用するときには「バリデーション」という作業が必要になります。
バリデーションは買ったきっぷを有効にする作業です。日本によくあるスクラッチ方式の1日乗車券で、日付の部分を硬貨などで削り、その日だけ有効であることを示す作業と同じ意味です。

ポートランドでのバリデーションはスクラッチ方式ではなく、次のような機械(VALIDATOR)にきっぷを通します。次の画像は、MAXの停留所にある機械です。

VALIDATOR(停留所)

次の画像は、ストリートカーの車内にあるものです。

VALIDATOR(車内)

きっぷを機械に通すと、裏面に当日の日付が刻印され、その日だけ有効であることが明示されます。

バリデーション

バリデーションしないと無賃乗車になってしまいます。ご注意ください。

窓口で買ったきっぷの方が自動券売機で買ったきっぷよりデザインが優れています。数日滞在して何回か買うのであれば、記念に1枚買っておくのもよいでしょう。

hopカードを買い、それを使う

ポートランドには、日本のSuicaのようなICカード「hopカード」があります。このhopカードも1日乗車券として使えます。

ICカード「hopカード」

hopカードについては、このブログの「ポートランド(Portland)の交通系ICカードの買い方・使い方」で説明していますので、そちらをご覧ください。

ポートランド(Portland)の交通系ICカードの買い方・使い方
アメリカ・ポートランド(Portland)の路面電車に乗るときには、交通系ICカードである「hopカード」が使えます。 乗るたびにきっぷを買う必要がありませんので、ある程度長く滞在する場合には便利です。その「hopカード」の買い方と使い方について説明します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[このサイト・ブログ内の関連記事]

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました