路面電車:福鉄電車の乗り方

「福井駅」停留所 3-1.乗り方・国内
この記事は約3分で読めます。

最終更新日 2019年10月1日

福井県の福井市・鯖江市・越前市を走る路面電車に「福井鉄道福武線(福鉄電車)」があります。
越前市の「越前武生」停留所から福井市の「田原町」停留所までの本線と、途中の「市役所前」停留所から分岐して「福井駅」停留所に向かう支線(通称・ヒゲ線)があります。
運賃の支払方法や、どこの扉から乗るかなど、福鉄電車の乗り方について説明します。

福鉄電車車両

支払方法・乗降方法

運賃の支払方法

運賃は距離制で、大人160~400円、小人80~200円です(2019.10.1時点 ※消費税アップにより変更)。
有人駅と無人駅があり、有人駅から乗る場合は駅できっぷを買います。
無人駅では、そのまま電車に乗り、車内で精算します。車掌がいる場合は車掌に、いない場合は降りるときに運転手に支払います。有人駅で降りる場合は、駅で支払います。

いまのところ交通系ICカードには対応していません。
日本全国のどの交通機関で、どのカードが利用できるかについては、「交通系ICカード、自分のカードでどの電車・バスに乗れるのか一覧表で説明します」「交通系ICカード「全国相互利用サービス」で乗れる電車・バスをすべて紹介します」」で説明しています。あわせてお読みください。

交通系ICカード、自分のカードでどの電車・バスに乗れるのか一覧表で説明します
ふだん使っている交通系ICカードが旅先でも使えるかどうか、気になったことはありませんか? 自分が持っているSuica(スイカ)などの交通系ICカードが旅行先でも使えるかどうか、現在の状況を一覧にしました。観光や出張などで、日本各地に出かけるときに、お役立てください。
交通系ICカード「全国相互利用サービス」で乗れる電車・バスをすべて紹介します
この記事では、交通系ICカードの「全国相互利用サービス」の対象カード(全10種類)で、それぞれどのような電車・バスに乗れるかについて、日本中すべて掲載します。

乗り込み方

小型車両と大型車両があり、乗り方が異なります。

小型車両の場合は、中扉から乗ります。

FUKURAM

車内に整理券発行機がありますので、きっぷを持っていない場合は整理券を取ります。下の画像では、整理券発行機が入り口左側にあります。

福鉄電車乗り口

大型車両の場合は、下の画像のように停留所でステップが出ます。

福鉄電車ステップ

無人駅では前の車両の扉から乗ります。有人駅では、どの扉からも乗れます。整理券はありません。

降り方

有人駅では、すべての扉から降りることができます。
無人駅では、一番前の扉から降ります。その際、運転手にきっぷや運賃などを渡します。

1日フリー乗車券

「土・日・祝日1日フリー乗車券」があり、大人560円、小人280円です(2019.10.1時点 ※消費税アップにより変更)。残念ですが、平日は使えません。
最低運賃の区間でも、4回乗れば元が取れます。
有人駅と福井駅西口ウェルカムセンターで購入できます。車内でも買えるようですが、JRとの乗換駅である福井駅か越前武生駅で買うのが便利だと思います。

電車 おトクなきっぷ/フリー乗車券(福井鉄道)

おわりに

有人駅・無人駅、大型車両・小型車両とあり、文章で読むとややこしいですが、実際に利用すると別に面倒はありません。停留所や車両に合わせるだけです。

2016年3月に「田原町」停留所でえちぜん鉄道と相互乗り入れを行い、大きなニュースになりました。
私が訪れた2014年1月時点では、「田原町」停留所は改修工事の最中でした。

「田原町」停留所改修工事

また、福井駅前も整備中で、当時の「福井駅前」停留所は、道路の途中にぽつんとある小さな停留所でした。

福井駅前整備中

現在では、駅前広場の整備も終わり、3面2線の立派な「福井駅」停留所に変わっています。

「福井駅」停留所

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(2014年1月・2017年3月訪問)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました