経験5年からのカーシェアリングのすすめ

私は東京在住で自家用車を持っていません。無理をすれば買えないこともないと思いますが、駐車場代などの維持費を考えると割に合いません。かつては必要なときにレンタカーを借りていましたが、いまは「カーシェアリング」を使っています。
この記事では、代表的なカーシェアリング会社の中から、自分にあった会社を選ぶ方法について説明します。

私は、2011年の12月に「オリックスカーシェア」に入会し、5年以上経ちました。
「カーシェアリング6年生」の経験から、これから利用したいと考えている人にいくつかお伝えしたいと思います。
なお、「カーシェアリング」は「カーシェア」ともいいます。このブログでは「カーシェアリング」で統一します。

カーシェアリングとは

このブログにたどりついた方は「カーシェアリング」についてはご存知だと思いますが、念のため定義から説明したいと思います。
ウイキペディアでは、次のように説明しています(2017.5.7時点)。

カーシェアリング(英:carsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在であるが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多い。
出展:ウイキペディア「カーシェアリング」

レンタカーでは営業所に係員がいて、係員から車を借りますが、カーシェアリングでは係員はいません。駐車場に車が置いてあるだけです。利用者は、自分の会員証などを使ってドアを開けます。車のキーは車内にあり、そのまま出発できます。自動車の運行前点検などは自家用車の場合と同じように自分で行います。
返却するときも同様です。ざっと車内を清掃し、キーを車内の所定の場所にセットして、会員証などで車をロックすれば完了です。

代表的なカーシェアリング会社

カーシェアリング会社は全国に多数あるようですが、代表的な会社は次の3社です。

  • タイムズカーシェア(旧タイムズカープラス)
    ※2019年5月1日に、「タイムズカープラス」は「タイムズカーシェア」に名称を変更しました。
  • オリックスカーシェア
  • カレコ・カーシェアリングクラブ

カーシェアリングの3社

カーシェアリング会社を選ぶときには、まず料金が気になると思いますが、入会金や時間料金などの料金体系はときどき変わります。たとえば、オリックスカーシェアは、2017年4月から月額基本料金を値下げしました。最新の情報を各社のサイトで確認していただいたほうがいいと思います。

カーシェアリング会社を選ぶ決め手

カーシェアリング会社を選ぶ決め手は、ずばり次の2点です。

  • 家(または会社など、使うときに居る場所)の近くに車があるか
  • 利用可能な範囲に複数台あるか

利用料金にはそれほど違いはありません。予約に使うサイトやアプリは、使っていけば慣れます。いちばん重要なのは、とにかく近くに車があることです。歩いてすぐのところになければ、結局は使いません。レンタカーのように行楽などの特別な目的があれば多少遠くても大丈夫ですが、カーシェアリングはもっと日常的です。家の駐車場とまではいいませんが、自家用車を置いておいても苦にならない程度の距離にあることが最優先です。
また、複数台あることも大事です。誰かに先に予約を入れられたら使えません。複数台あれば、そのリスクが減ります。
私が「オリックスカーシェア」を選んだ理由も、近くにたくさん車両があるという点でした。

利用するときの注意点

ガソリンがなくなりかけていたら、利用者がガソリンを入れます。ガソリン代は料金に含まれていますので払う必要はありません。私が利用しているオリックスカーシェアでは、車内にカードが置いてあり、ガソリンスタンドではそのカードで支払います。ただ、すべてのスタンドでそのカードが使えるわけではありませんので、カードが使用できるスタンドを探す手間はかかります。給油をすると、時間料金を15分間分安くしてもらえます(いくつか条件があります)。
返却時の清掃ですが、普通に利用していれば清掃すると身構えるほど汚すことはありません。ざっと車内を見て、気になるところがあれば、という程度でよいと思います。もちろん、飲み物をこぼすなどして汚した場合は、元の状態になるまで清掃することは当然でしょう。また、ゴミはすべて持ち帰ります。
ネットなどで汚しっぱなしになっているなどの悪評を見ることがありますが、私にはそういう経験はありません。ただし、同じ車を利用している人の中に、使い方の悪い方がいる可能性はあります。カーシェアリング会社に連絡すれば対処してもらえるはずです。だめなときは利用する会社を変えることが最善策かもしれません。

おわりに

私の友人はほとんど東京かその近辺に住んでいます。飛行機のマイルの話は、興味のある人とない人に極端に分かれますが、カーシェアリングの話はみな一様に興味を持ちます。
みんな自家用車を持っていますが、多かれ少なかれ負担になっている部分があるようです。自家用車を持っていてもいなくても、カーシェアリングを便利に使えば、生活の幅が広がります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[このサイト・ブログ内の関連記事]

スポンサーリンク