路面電車:シアトル・ストリートカーの乗り方

シアトル・ストリートカー車両 3-2.乗り方・海外
この記事は約4分で読めます。

最終更新日 2019年1月28日

アメリカ・シアトル(Seattle)の路面電車(ストリートカー)に乗ってきましたので、乗り方やきっぷの買い方などを紹介します。

シアトル・ストリートカー車両

シアトルは、アメリカ北西部最大の都市です。スターバックスなどのシアトル系コーヒーや航空機のボーイングの発祥の地であり、IT企業のマイクロソフト、流通大手のアマゾンの本社があります。引退した野球のイチロー選手が所属していたシアトル・マリナーズの本拠地としても有名です。

シアトルには、リンク・ライトレールとストリートカーの2種類の路面電車が走っています。
この記事ではストリートカーの乗り方について説明します。リンク・ライトレールの乗り方については、「路面電車:シアトル・リンク・ライトレール(Link Light Rail)の乗り方」をご覧ください。

路面電車:シアトル・リンク・ライトレール(Link Light Rail)の乗り方
最終更新日 2019年3月21日 アメリカ・シアトル(Seattle)の路面電車(リンク・ライトレール)に乗ってきましたので、乗り方やきっぷの買い方などを紹介します。 イチロー選手が所属していたマリナーズの本拠地であるT-モバイル・パー...

アメリカで路面電車を見ると、たいていの場合、その大きさに驚きます。もうひとつの路面電車であるリンク・ライトレールもかなりごっつい格好をしています。日本の通常規格の電車と変わりません。しかし、ストリートカーは小柄で、日本やヨーロッパの路面電車のイメージに似ています。

路線

ストリートカーは、市内を回る2つの系統「サウス・レイクユニオン・ライン(South Lake Union Line)」「ファースト・ヒル・ライン(First Hill Line)」があります。現在も建設が続けられていて、いずれこの2つの路線はつながる計画になっています。

サウス・レイクユニオン・ライン

下の画像は、サウス・レイクユニオン・ラインの車内にあった路線図です。

サウス・レイクユニオン・ライン路線図

リンク・ライトレールの「ウエストレイク」停留所の近くにある「Westlake Hub」停留所と「Fairview & Campus Driv」停留所を結んでいます。

ファースト・ヒル・ライン

下の画像は、ファースト・ヒル・ラインの車内にあった路線図です。

ファースト・ヒル・ライン路線図

リンク・ライトレールの「インターナショナルディストリクト/チャイナタウン」停留所の近くにある「Occidental Mall」停留所と、同じくリンク・ライトレールの「キャピトルヒル」停留所の近くにある「Broadway & Denny Capitol Hill」停留所を結んでいます。
リンク・ライトレールは海側、ストリートカーは山側を通っています。

きっぷの買い方

きっぷは、停留所にある自動券売機で購入します。現金のほか、クレジットカードも利用できます。

seascar04

料金は、大人(19~64歳)2.25米ドル、小人(6~18歳)1.5米ドルです(2019.1.28現在)。

1日乗車券

1日乗車券があり、大人(19~64歳)4.5米ドル、小人(6~18歳)3米ドルです(2019.1.28現在)。往復すれば、元が取れる計算になります。片道きっぷと同様に、停留所にある自動券売機で購入します。
下の画像は、私が自動券売機で購入したものです。

シアトル・ストリートカー1日乗車券

乗り方

信用乗車方式です。乗降時のきっぷの確認はありません。乗り降りする扉も自由です。信用乗車については、サイトの「信用乗車方式」をご覧ください。

信用乗車方式
海外では、車内で運賃を支払う必要がないケースがほとんどです。乗客はどこの扉からでも出入りできます。運転手もお金を扱う必要がありませんので、運転に専念できます。 もちろん、車内でお金を扱っていないだけで、運賃を払っていないわけではありません。これを「信用乗車方式」(または、信用乗車制、無改札方式など)と呼びます。

停留所では、扉は自動的に開きます。開かないときは、扉についているボタンを押します。
降りるときは、車内にある「STOP REQUEST」と書かれた黄色い帯を押して合図します。

seascar06

私が乗ったときにちょうど検札がありました。車掌の格好をした人が乗っていて、停留所から乗ってくる乗客のきっぷを確認していました。

車内の検札

最後までお読みいただきありがとうございました。

(2017年8月訪問)

[このサイト・ブログ内の関連記事]

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました