5大ブランドのクレジットカードの為替レートを比較してみました

石鹸とボディーソープのセット 1-5.クレジットカード
この記事は約3分で読めます。

2017年8月にアメリカで、五大ブランドのクレジットカードを使って、同時に同じ品物を買い、日本円での請求金額を比較しました。
カードごとにどのような為替レートを使用しているのか、本当のところを知りたかったので実験してみました。

使用したカードは、(日本の)五大ブランド、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)、ダイナースクラブカード(ダイナース)、JCBカード、MasterCard(マスター)、VISAカードです(アルファベット順)。
買った品物の金額は米ドルで「10.95」、買った場所はアメリカのオレゴン州ポートランドです。オレゴン州には消費税がありませんので、米ドルでの請求金額は「$10.95」そのままです。

クレジットカードの国際ブランドについては、「クレジットカードの国際ブランドについて解説します」で説明しています。

クレジットカードの国際ブランドについて解説します
クレジットカードは何を持っていますか?、と尋ねられた場合、「JALカード」「ANAカード」「JCBカード」「ビザカード」などと答えると思います。しかし、JCBマークの付いたJALカードもあれば、VISA(ビザ)マークの付いたANAカードもあ...

日本円での請求金額

日本円で請求された金額は、安い順に次のとおりです。

JCB \1,214.-
VISA \1,219.-
ダイナース \1,222.-
マスター \1,223.-
アメックス \1,224.-

最低額と最高額の間には、ちょうど10円の差がありました。率にすると、約0.82%です。
この結果は、私がカードを使用した時点のものです。時と場所が変われば、結果は異なる可能性があります。あくまでも1回だけの結果であることをお含みおきください。

買った品物

石鹸とボディーソープのセットで、色違いの同じものを5点買いました。

石鹸とボディーソープのセット

買った時刻

レシートに決済時刻が記載されていました。次のとおりです。

JCB 6:58:10
ダイナース 6:58:43
アメックス 6:59:18
マスター 7:00:01
VISA 7:00:29

時刻は、午後です。最初の決済から最後の決済までの所要時間は、2分19秒間でした。ほとんど同時と考えて問題ないでしょう。

買った場所

商品を買ったのは、アメリカのオレゴン州ポートランド市にある土産物店です。オレゴン産の品物を扱っていることが特徴の店で、今回買ったセットもオレゴン産です。

ポートランド市にある土産物店

カード会社

使用したカードの裏面に書かれている会社名(カード発行元)は、次のとおりです。すべて私(このブログの筆者)名義のカードです。

アメックス American Express International Inc.
ダイナース シティカードジャパン株式会社
JCB 株式会社ジェーシービー
マスター 三菱UFJニコス株式会社
VISA 三井住友カード株式会社

アメックスの会社名は英文表記ですが、日本発行のカードです。
ダイナースは、カード発行元が「シティカードジャパン株式会社」から「三井住友トラストクラブ株式会社」に変わっていますが、私のカードはまだ古いままなのでカードの表記をそのまま記載しています。
マスター(三菱UFJニコス)のカードブランドは「DCカード」です。

おわりに

思っていたより差がつきました。10ドルちょっとの買い物で、10円の差は大きいでしょう。いつも同じ結果になるとは限りませんが、ちょっとした参考にはなると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました