マイルが貯まるクレジットカード:JALカード

JAL機の尾翼 1-2.貯め方
この記事は約7分で読めます。

日本航空(JAL)でマイルを貯めるためには絶対に持っておきたいクレジットカードである「JALカード」について説明します。
マイルを貯めるためのクレジットカードを探している方のために、公式サイトではわかりにくいメリットやデメリットを紹介します。

名称 JALカード
対象航空会社(プログラム) 日本航空(JALマイレージバンク)
還元率 1%(100円=1マイル:JALカードショッピングマイル・プレミアム入会時)
クレジットカード年会費 普通カード:2,200円(税込)
CLUB-Aカード:11,000円(税込)
CLUB-Aゴールドカード:17,600円(税込)など
プラチナカード:34,100円(税込)
移行年会費 JALカードショッピングマイル・プレミアムとして1年間で3,300円(税込)
移行手数料 1回ごとの移行料は無料

JALカードには、さまざまな種類があります。この記事では、JALカードすべてに共通する内容について説明します。個々のJALカードについては、それぞれ別の記事を作成しています。この記事の最後にリストを掲載していますので、そこから各カードの説明に移動してください。

また、ANAカードについては、このブログの「マイルが貯まるクレジットカード:ANAカード」で説明しています。

マイルが貯まるクレジットカード:ANAカード
全日空(ANA)でマイルを貯めるためには絶対に持っておきたいクレジットカードである「ANAカード」について説明します。 マイルを貯めるためのクレジットカードを探している方のために、公式サイトではわかりにくいメリットやデメリットを紹介します...

グレード

JALカードには、次の4つのグレードがあります。

  • 普通カード
  • CLUB-Aカード
  • CLUB-Aゴールドカード
  • プラチナカード

ただし、カードの種類によっては発行していないグレードもあります。

ショッピングマイル・プレミアム

JALカードの最大の特徴は、「ショッピングマイル・プレミアム」です。通常の場合、JALカードの還元率は0.5%(200円につき1マイル)ですが、ショッピングマイル・プレミアムに入会すると1%(100円につき1マイル)貯まります。
これをマイルが2倍貯まりますと説明するケースもありますが、むしろ逆です。マイルを貯めるためにクレジットカードを選ぶ場合は、還元率1%が標準です。ショッピングマイル・プレミアムに入らないと半分しか貯まりません。
JALカードはJALマイレージバンクでマイルを貯めるためのカードですから、ショッピングマイル・プレミアムには必ず入会してください。
年会費は、3,300円(税込)です。CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードの場合は、年会費に含まれていて、別途、支払う必要はありません(自動入会)。

ボーナスマイル

JALカードを持っていると、JALに乗ったときのフライトマイルにボーナスマイルがつきます。
たとえば、東京-大阪間を普通運賃で片道乗った場合、フライトマイルは

280マイル

です。しかし、普通カードを持っていれば、ボーナスマイル10%が加算され、

308マイル(280+28)

になります。
このほか、入会搭乗ボーナスや毎年初回搭乗ボーナスもあります。
入会搭乗ボーナスは、クレジットカードを最初に作って、最初にJALグループ便に搭乗したときに加算されます。
毎年初回搭乗ボーナスは、毎年最初にJALグループ便に搭乗したときに加算されます。年に1回も乗らなければもらえませんので、ご注意ください。
ボーナスマイルは、普通カードと、それより上位のカードで異なります。

普通カード CLUB-Aカード以上
入会搭乗ボーナス 1,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ごとのフライトボーナス 10%プラス 25%プラス

入会搭乗ボーナスがもらえるのは、一生に一度です。JALカードを解約して、数年後に入りなおしたとしても、もう一度もらうことはできません。ただし、普通カードで1,000マイルもらい、その後CLUB-A以上のカードに入った場合は差額分の4,000マイルがもらえます。

CLUB-Aカード

カードのグレードの中で「普通カード」「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」の3つについては、なんとなく区別がつくでしょう。「CLUB-Aゴールドカード」は「ゴールドカード」であると考えて間違いありません。
わからないのは、「CLUB-Aカード」だと思います。これは、JALカード独自のグレードです。
CLUB-Aカードは、クレジットカードとしては「普通カード」ですが、飛行機に乗るための特典が特別に追加されたカードです。
上で説明した「ボーナスマイル」が、ゴールドカードと同様につきます。また、国際線利用時に、エコノミークラス(ツアーを除く)でも、ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できます。エコノミークラスでよく国際線を利用する人であればわかっていただけると思いますが、すばらしい特典です。

マイルのつき方

マイルの貯まるクレジットカードでは、1か月間の利用金額の合計に対してまとめてマイルが付与される場合が一般的です。しかし、JALカードでは、1回ごとの利用金額に対してマイルがつきます。100円未満は四捨五入です。たとえば、150円であれば2マイル、149円であれば1マイルと計算します。そのうえで、1か月分を合計します。
この点を取り上げて、JALカードは150円、250円など、端数を50円にして使うのがお得であると説明するケースもありますが、そんなことを考えてカードを使うのは大変です。カードを何回も使っていれば平準化され、それほど差はなくなります。あまり気にする必要はありません。
それでも使い方しだいではお得になりますから、気になる方は詳しく説明したブログなどを探してみてください。この記事では、これ以上深くは紹介しません。

家族カード(家族会員)

一部の種類を除いて、配偶者などの家族に家族カードが発行できます。家族カードの利用分は、本会員のマイルとして貯まります。クレジットカードを使ってマイルを貯めるときは、家族一丸となって、が鉄則です。家族みんなでマイルを貯めましょう。
家族カードの年会費は、普通カードで1,100円(税込)です。本会員と同じグレードで発行されます。ショッピングマイル・プレミアムに入会する必要はありません。本会員の登録が適用されます。
また、上で説明した「ボーナスマイル」は、家族カードの場合も付与されます。ただし、こちらはショッピングマイルと異なり、家族会員のマイルとして貯まります。
本会員と家族会員で別々にマイルが貯まると非効率的です。しかし、JALカードを持っていると、家族のマイルを合算して利用することができます。このブログの記事「家族のJALマイルを合算して使う方法があります」で説明していますので、そちらをお読みください。

家族のJALマイルを合算して使う方法があります
JALマイレージバンクで、家族のマイルを合算して特典に変えられる「JALカード家族プログラム」について説明します。一人ひとりのマイルが少なくても、まとめれば特典までたどり着けます。

このほかの特典

JALカード特約店

特約店でJALカードを使うと、マイルが2倍貯まります。ショッピングマイル・プレミアムに入会していれば、100円につき2マイルです。これは、相当に高い還元率です。JALのサイトによれば、全国に約52,000店舗あるそうです。どのような店があるかについては、JALのサイトで確認してください。よく使う店が含まれていれば、ラッキーです。

JALカードツアープレミアム

飛行機に乗ってフライトマイルを貯める場合、普通運賃であれば100%貯まりますが、ツアーや割引運賃を利用すると75%や50%に減ります。
「JALカードツアープレミアム」に登録すると、減ったマイル分が補填され、100%加算になります。
年間登録手数料は、2,200円(税込)です。本会員、家族会員別々に登録が必要です。手数料もそれぞれかかります。
国内線の「先得割引」も対象ですので、ツアーや先得割引をよく利用する方であれば、登録する価値があります。

JALマイレージバンク提携カード

JALのマイルが貯まるクレジットカードには、JALカードのほかに「JALマイレージバンク提携カード」もあります。イオン銀行が発行する「イオンJMBカード」やセゾンカードが発行する「JMBローソンPontaカードVisa」などです。これらのカードは、JALカードではなく、JALマイレージバンクカード(会員証)にそれぞれのクレジットカードの機能がついたものです。マイルの還元率はあまり高くありません。マイルを貯めるためのクレジットカードとして利用するのはおすすめしませんが、それぞれのカードに特長があり、サブカードとしてであれば有用なものもあります。いずれこのブログで紹介します。

JAL機の尾翼

こんな人におすすめ

  • JALマイレージバンクでマイルを貯めている
  • クレジットカードを使ってJALのマイルを貯めたい

クレジットカードでの買物は、支払いが終了するまで借金です。借金であることをつねに頭に置いて利用してください。
マイルを貯めるために不必要な買物をしては本末転倒です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました