クレジットカードでは入れない空港ラウンジ(航空会社ラウンジ)

国内、海外を問わず、ある程度以上大きな空港には、空港ラウンジがあります。空港ラウンジでは、出発前や乗継時間に飲み物を飲んだり、軽食を食べたりして、くつろぎながら時間調整ができます。
空港ラウンジには、クレジットカードのゴールドカードなどの保有者が入れる「カードラウンジ」と、ビジネスクラスなどの上級クラスの搭乗者やマイレージサービスの上級ステータスの保持者が入れる「航空会社ラウンジ」があります。
この記事では、クレジットカードでは入れない「航空会社ラウンジ」について説明します。

航空会社ラウンジ
「カードラウンジ」と「航空会社ラウンジ」はどちらも「空港ラウンジ」なので、自分がどちらに入れるか区別がつきにくい場合があります。受付で入場を断られている人をよく見かけます。
断られるのはあまり気持ちのいいものではありません。自分が利用できるラウンジはあらかじめ調べていきましょう。

カードラウンジについては、このブログの「クレジットカードで入れる空港ラウンジ(カードラウンジ)」で説明しています。

「航空会社ラウンジ」は世界中に

「航空会社ラウンジ」は、飛行機のファーストクラスやビジネスクラスといった上級クラスの利用者が入れるラウンジです。もともとは上級クラス利用者向けのサービスの1つです。国内、国外の主要な空港に設置されています。

対象者

本来の対象者は、上級クラスの利用者ですが、国際線ではプレミアムエコノミークラスや、普通運賃でエコノミークラスを利用する場合などに対象範囲が広がっています。要するに、パッケージツアーや割引運賃でエコノミークラスに乗る場合以外はラウンジを利用できます。
国内線では、日本航空(JAL)のファーストクラス、全日空(ANA)のプレミアムクラスの利用者が対象です。JALのクラスJは対象外です。

また、マイレージサービスの上級ステータスの保持者は、エコノミークラスに乗る場合でも利用できます。現在では、こちらの利用者のほうが多いだろうと思います。上級ステータスについては、このブログの「ざっと知りたい!マイルの基本-上級ステータス」で説明しています。

入り方

受付で、搭乗券を見せて入ります。最近では、搭乗券や、その代わりになるスマホ、ICカードなどを受付にあるカードリーダーにタッチするケースが多くなりました。

国内線のラウンジ

JALは「さくらラウンジ」、ANAは「ANAラウンジ」という名前で、国内の主だった空港に展開しています。JALには、さらに「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」という上級のラウンジもあります。
次の写真は、羽田空港のANAラウンジの入り口です。入場資格を図示してあります。

航空会社ラウンジ入口

すべて制限エリア内にあります(だったと思います)。制限エリアというのは、手荷物検査を受けた後に入るエリアです。搭乗口まで直行できますので、搭乗時刻間際までラウンジでくつろぐことができます。

国際線のラウンジ

かつては航空会社がそれぞれ各国の空港にラウンジを展開していましたが、現在では「アライアンス」というグループ化が進んだため、自国の空港では自社のラウンジ、他国の空港ではそれぞれのグループ会社のラウンジを利用するという形に変わってきています。自国の空港のラウンジだけに力を入れることができるため、どんどん豪華になってきているという印象です。
多くの空港で、ビジネスクラス利用者用、ファーストクラス利用者用に分かれています。マイレージサービスの上級ステータスで利用する場合は、持っているランクによって変わります。
次の写真は、羽田空港のJALファーストクラスラウンジです。これを撮影したときにはほとんど誰もいませんでしたが、混むときはなかなかすごい状態になります。

航空会社ラウンジ室内

サービス内容

私だけかもしれませんが、国内線のラウンジには生ビールサーバーのイメージが強くあります。国内のビールメーカー主要4社のサーバーが並んでいるのを見たときには、航空会社の気の使いかたに感心しました。もちろん、ビールだけでなく、ソフトドリンクやおつまみ程度の軽いスナックも置いてあります。ラウンジによっては、パンなどの軽食がある場合もありますが、多くはないようです。

国際線のラウンジは、フルコースの食事、シャンパンなどの飲み物、シャワー、マッサージなど、いたれりつくせりです。インターネットに体験記などが多くアップされていますので、興味のある方はそちらを検索してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[このサイト・ブログ内の関連記事]

関連記事(一部広告を含む)